熊谷の整体サロンです。肩こり・四十肩/五十肩・手首痛・腰痛・膝関節痛はご相談ください!

スポーツを楽しむために、身体のコンディションを整えよう!

ウォーキング、マラソン、サッカー、バスケットボール、バレーボール、柔道、剣道、空手、ボクシング、パワートレーニングなど仕事や趣味、習い事で楽しまれている方は多いのではないでしょうか

ランニング・マラソンの腰から下の画像

Harmonia代表の私は、過去にサッカー、バスケットボール、柔道、ロードバイクを経験してきました。

スポーツを楽しんでおられるみなさん、以下のような症状で辛い思いしたこと有りませんか?

  • マラソンすると太ももが張ってしまう
  • バスケットボール中にジャンプ・着地で膝が痛い
  • バレーボールでアタックするとき、肩が痛い
  • ボールを投げると肩が痛い
  • サッカーでボールを蹴ると股関節が痛い

 これらの症状は、ほとんどがオーバーユース(使いすぎ症候群)または筋力バランスの崩れから起こるかばった代償によるものです。中には半月板損傷であったり、靭帯損傷と行った組織自体の損傷が原因の場合もありますが、休むと落ち着く痛みに関しては概ね前述したようなことが原因と考えられます。

こういった運動時の負担を取り除き、より良いパフォーマンスを引き出すのがスポーツコンディショニングです。今回は、整体サロンHarmoniaで行っているスポーツコンディショニングについてご紹介いたします。

オーバーユースにも原因がある

オーバーユースを防止するためには、まずアフターケアをしっかり行うことこれが一番重要となります。

手を抜きがちなクールダウン・整理体操ですが、ないがしろにしてはいけません。アフターケアが行えていないと、筋肉の張りが取れにくくなり、次第に筋肉が硬くなることで、急激な負荷がかかった際や疲労が溜まった際などに痛みが現れます。限度を超えてくるとストレッチをしても痛みが抜けずに残ってしまうこともあります。

実は、筋肉が原因による痛みをそのままにしていると、炎症は数日すると治まるものの、筋肉の伸び縮の機能はもとに戻っておらず関節に負担がかかり続けるため、靭帯関節包軟骨といった関節を構成する組織にも負担がかかり、半月板損傷靭帯損傷関節包炎などの症状を引き起こすきっかけとなります。

なぜ、そうなるか。それは、不調が起こる原因を解消できていないからなのです。最初に挙げたいくつかの運動時の不調は、ある程度原因が予測できます。

  • マラソンすると太ももが張ってしまう
    ⇒着地の衝撃吸収を膝中心で行ってしまい、お尻の筋肉が使えていない
  • バスケットボール中にジャンプ・着地で膝が痛い
    ⇒ジャンプをふくらはぎ・お尻の筋肉に頼らず、太もも前面の筋肉に頼って行っている・着地時にお尻やふくらはぎの筋肉で衝撃吸収が出来ず、太もも前面に負担となっている
  • バレーボールでアタックするとき、肩が痛い
    ⇒インパクト時に腕だけの力に頼ってアタックしていて肩の筋肉を使いすぎている
  • ボールを投げると肩が痛い
    ⇒上半身の硬さや肩甲骨周囲の筋力低下により、肩周りの筋肉だけで腕ボールを投げている
  • サッカーでボールを蹴ると股関節が痛い
    ⇒軸足への体重の乗せ方が不十分でボールインパクト時にお尻が引けることで、お尻の筋肉が使えなくなり、股関節の付け根の筋肉に負担が増えている

これらのことは、例え動画を撮って客観的に見たとしても、なかなか自分自身じゃわからないことです。

ボールを投げるとき肩が痛い原因が上半身の硬さにあるなんて考えつかないですよね。筋力が弱い部分があることでも一部分に負担がかかりやすいのも気付かない方は多いのではないでしょうか。

そこで、整体サロンHarmoniaの出番です。

ハルモニアの玄関口を指す代表の四分一

整体サロンHarmoniaのスポーツコンディショニングとは

整体サロンHarmoniaのスポーツコンディショニングは、お客様自身のスポーツ時の動きから負担のかかる関節や動作、硬い筋肉や弱い筋肉をしっかりと評価して原因を突き止めることから始まります。

「自分自身にどういった負担が出やすいのか」突き止めた原因を解剖学の図や実際の動きでわかりやすく説明し、ご自身の体の状態を理解できるようにしていきます。

施術の方針説明を筋肉の構造をもとに説明しています。

その上で、関節モビライゼーションやストレッチ、筋力トレーニングを行い、筋肉や関節に掛かる負担を最小限にして不調を整えます。

ゴムチューブを膝に巻き、開脚しながらのブリッジ運動でお尻の筋力トレーニング

どういったクールダウンが必要なのか、お客様それぞれの身体の使い方・特徴に合ったストレッチやトレーニングの指導をお伝えし、未然に不調を防ぐことができる方法をお伝えします。

また、あまりに症状がひどい場合や来店翌日に大会が控えている場合、パフォーマンスを少しでも挙げたいといった場合、キネシオテーピングを施し、負担を最小限にするようアプローチしていきます。

膝の痛みを軽減させるために内側広筋という膝を伸ばす筋肉をサポートするキネシオテーピングを施しています。スポーツ中の違和感などに対してテーピング指導も行っています。
膝に対しキネシオテーピングを行っています

更に、不調が無くなっていれば、さらにパフォーマンスを上げるためのトレーニングサポートも行います。

ハルモニアの想い

  • 膝が痛ってもサポーターを巻いていれば大丈夫!
  • 運動後、毎回ふくらはぎが攣ってしまうけど、寝れば治るから大丈夫!
  • 身体の使い方を変えれば痛みがなくなるから大丈夫!

上記の事象は、スポーツを続けるにあたって、スポーツ寿命を縮める行為です。しっかりとケアすれば、サポーターも不要ですし、ふくらはぎが頻繁に攣ることもありません。身体の使い方を変えるのは、身体をかばってしまい本来かかかるはずのない負担がのしかかり、結果として最初の不調より悪い状態になることがほとんどです。

実際、整形外科クリニックのリハビリテーション科に勤務していた際、

  • 膝が痛い状態で無理にマラソンを続けたことによって変形性膝関節症になり手術が必要になった60代男性
  • マラソンによる足首の疲労骨折後のケアを行ったことで腰痛に悩まされていた20代駅伝ランナー
  • 股関節痛を我慢して登山を繰り返し変形性股関節症で手術が必要になった50代男性

などを見てきました。そうなる前に、ぜひ整体サロンHarmoniaにご相談ください。

スポーツに関わるブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。