050-3706-5031
頭痛・首こり・五十肩・膝関節痛・腱鞘炎・ばね指などの施術、睡眠不足のサポートはハルモニアへ!

手のしびれ、腕の怠さの原因【胸郭出口症候群】

ここでは、胸郭出口症候群について解説していきます。

症状・所見

 胸郭出口症候群の診断名は、病的状態においてさまざまな名称があります。「頸肋症候群」「前斜角筋症候群」「鳥口下小胸筋症候群」「肋鎖症候群」「中斜角筋症候群」「過外転症候群」「第一胸肋症候群」など多々挙げられています。

 胸郭出口症候群は、前斜角筋、中斜角筋、第一肋骨に囲まれた斜角筋三角部、あるいは肋鎖間隙部など、4領域における鎖骨下血管の圧迫による血流障害と、発生頻度の高い腕神経叢の内側神経束下幹の圧迫による絞扼と認識されています。

胸郭出口症候群は、首から鎖骨にかけて神経と血管の圧迫が起こることで脱力感やしびれが起こる

胸郭出口症候群の症状は、多彩ですが、神経症状血管症状に分けられます。

神経症状
  • 後頭部、頸部、肩甲部、上肢の痛み
  • 上肢の尺側側のしびれ感
  • 感覚異常(腕神経叢下神経幹が最も障害されやすいので、内側上腕・前腕皮神経や尺骨神経の支配領域に症状が出やすい)
  • 手指の筋力低下、筋萎縮
血管症状

【動脈系】

  • 皮膚冷感
  • 蒼白


【静脈系】

  • 浮腫
  • チアノーゼ


【血管運動系】

  • レイノー現象(寒冷刺激や精神的緊張によって、手足の小動脈が発作的に収縮し、手や足の指の皮膚の色が蒼白、暗紫になる現象)

など

 自覚症状として、上肢のしびれ感、倦怠感、易疲労感、脱力感、痛み、冷や汗などのほかに肩甲帯部のコリ・痛み・脱力感、項部(うなじ部分)のコリ・痛みなどを訴えます。

姿勢の問題

 なで肩や猫背など、首から肩にかけて負担の出やすい姿勢になっていると

  • 斜角筋三角部 = 前斜角筋・中斜角筋の過緊張による神経・血管の圧迫
  • 肋鎖間隙部 = 鎖骨が下がり、第一肋骨と近づくことでの神経・血管の圧迫
  • 鳥口下小胸筋部 = 小胸筋の過緊張による神経・血管の圧迫

など、圧迫症状を引き起こしやすくなります。

ですので、なで肩や猫背を助長しないように注意が必要です。

  • リュックサックを腰の高さまで肩紐を伸ばして使うことを避ける
  • 重たいものを長時間背負うことを避ける
  • 上にものを持ち上げる作業をしない

などは避けるべきでしょう。

ハルモニアとしての考え方

 ハルモニアでは、胸郭出口症候群を引き起こす原因に対して首の付根にある斜角筋という筋肉の緊張状態、鎖骨や肩甲骨の位置関係、胸や肩周囲から指先にかけての筋膜や筋肉の柔軟性の問題、肩甲骨を挙上させるための筋力の問題、さらには頭や上半身の位置関係といった姿勢の問題を多角的に捉え、どこから神経の圧迫症状が引き起こされているのかを追究します。そして

  1. 徒手的にアプローチして筋肉の柔軟性を引き出し
  2. なで肩や猫背にならないよう再発防止のための首・肩周りの筋力トレーニング
  3. 日常生活での腕・肩甲骨まわりの使い方の習得
  4. 楽器演奏者の方にはボディワークを通して、負担のかからない演奏姿勢を手に入れるようにアドバイス

といったような順序で対応し、再発予防につなげていきます。

胸周り・背中の筋肉を解し、肩甲骨の動きを作り肩こり・胸郭出口症候群の症状を緩和する
肩甲骨周囲のアプローチ中の画像

 理学療法士として、意見を述べるのであれば、胸郭出口症候群に対してリハビリの介入は必要不可欠です。リハビリでの介入なしに、手術の提案はありえません。神経圧迫症状を取り除くために肋骨を切除する手術方法がありますが、首から肩にかけての筋力バランスの問題が解決していなければ、解決しない場合もあります。最悪の場合、肋骨を切除したことによって肩甲骨の動きや首周りの筋肉の状態が不安定になってしまうことが考えられ、腕が動かしにくくなったり、肩が貼りやすかったりと行った問題も起こることが予想されます。(ただし、予想されるだけで実際起こるかまではわかりません)

 実際、骨自体の奇形などがなく、なで肩や巻き肩といった肩甲骨や首周りの問題が解決されていないのであれば、これらの問題解決が最優先となります。

 薬の処方や電気治療のみで、何も解決されない場合はぜひハルモニアにご相談ください。楽器演奏中の痺れなどに困っていらっしゃる方は、演奏が続けられる身体づくりをサポートいたします!

ご予約・ご相談は以下から
LINE公式アカウントからのご予約・相談はこちらをクリック
パソコンからのご予約はこちらをクリック
お電話でのご予約はこちらをクリック

参考書籍

・理学療法学ゴールドマスターテキスト4 整形外科系理学療法学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です