熊谷の整体サロンです。肩こり・四十肩/五十肩・手首痛・腰痛・膝関節痛はご相談ください!

産後の腱鞘炎が治らない方必見!腱鞘炎が長引く原因と悪化させない抱っこ方法・ストレッチをご紹介します。

 産後まもなくスタートする育児。授乳や抱っこをしているとだんだんと手首に痛みを感じるママさんも多いのではないでしょうか。

産後ママのボディケアを行っていると、病院を受診すると『腱鞘炎』と診断されてサポーターを購入し、あまりにひどいときは注射をしてもらうが症状がなかなか良くならないというお話もよくお聞きします。

では、なぜ乳幼児育児中のママの腱鞘炎はなかなか治らないのでしょうか。腱鞘炎が起こる原因と腱鞘炎を起こさないために重要な対策についてご紹介します!

産後の腱鞘炎が治らない原因は?

 産後から段々と痛くなる手首。腱鞘炎が起きる原因はいったいなんなのでしょうか。結論からお話すると『授乳中・抱っこ中の腕・手首の使い方が間違っている』ことが大きな原因です。

授乳中・抱っこの際の手首の使い方が悪い

 お子さまを授乳・抱っこするときにお尻を手首を返して手のひらで支えていませんか?授乳・抱っこのときにお子さまのお尻を手首を返して支えていると子どもの重みをすべて手首で受け止める負担がかかり疲労が積もり積もると痛みとして出現します。

抱っこの際、子どものお尻を手のひらで支え、右手首が腱鞘炎になりやすい状態の写真
右手首に負担がかかる横抱っこ方法
手首に負担のかかる縦抱っこの方法です。
左手首に負担のかかる縦抱っこ方法

力こぶである上腕二頭筋は腕の中でも重たいものを持つときに働く大きな筋肉ですが、手首を曲げるための筋肉は上腕二頭筋ほど出せる力は大きくありません。ですので、少ない力の中で子どものお尻を支えると、手首を曲げたまま関節を固定しようとするため、手首を曲げる筋肉が硬くなっていくのです。

お子さまが成長すればするほど手首への負担は増えていくのに、硬くなった筋肉が自然と柔軟になるわけではないので硬くなったまま疲労が限界に達すると血行不良が起きて痛みとなります。授乳・抱っこの方法を改めない限り、手首への負担はかかり続けるためなかなか治りません。注射しても、マッサージしても、サポーターしても改善しないのはそのためです。

胸・腕の筋肉がこり固まっている

 授乳・抱っこの際に手首を曲げて抱っこする場合、疲労して筋肉がパンパンに張って硬くなるのは手首を曲げる筋肉だけではなく、胸の筋肉や上腕の筋肉も同様に張って硬くなり疲労しています。手首を曲げる筋肉に比べると強い筋肉であるため抱っこを続けていると筋力がついてくるとともに慣れるため痛みを感じにくい部分ですが段々と筋肉が伸びなくなり、筋肉の硬さがひどい人は、巻き肩や肘が伸びなくなります。

実は、腱鞘炎が長引く人の多くに胸の前側や腕の筋肉が硬くなり、縮こまったまま伸びなくなっている状態が隠れているのです。大胸筋や上腕二頭筋といった筋肉が硬いまま残っているといくら手首の筋肉をマッサージやストレッチしたところで一時的にほぐれても再び硬くなり、痛みへ繋がります。

産後の腱鞘炎を悪化させないためにはどんな方法があるのか

腱鞘炎に関わる筋肉を緩める施術を受ける

 一番確実なのは、腱鞘炎を起こしている原因となっている筋肉や組織が硬くなっている部分をほぐしたり、伸びなくなっている筋肉を適切に伸ばせるように何度か施術を受けられるといいでしょう。

注射やサポーターは対処療法であり、悪化を防ぐものではありますが改善はしません。

腱鞘炎を起こす原因となっている筋肉は、胸の筋肉(大胸筋・小胸筋・鎖骨下筋)・肩の筋肉(三角筋)・腕の筋肉(上腕二頭筋・上腕筋・腕橈骨筋・円回内筋・烏口腕筋)・手首の筋肉(長母指屈筋・尺側手根屈筋・浅指屈筋・深指屈筋)など多岐にわたります。

手首だけの電気治療やマッサージだけでは絶対に治りませんので、肩甲骨から指の先までをしっかりと施術してもらえる治療院・整体が見つけられるといいでしょう。

病院や整¸骨院などは痛みが出ている部位以外への治療は保険適応外となってしまうため保険内での治療ではなかなか腱鞘炎への治療は難しいと思われます。

抱っこ方法を見直す

 抱っこ方法を見直すことで手首に負担をかけないで抱っこが可能になります。まず大前提として「手首が痛い側の手のひらでは子どもの体を支えない」というのが重要です。

授乳で横抱きをするときも抱っこで縦抱きをするときも前腕で上半身・お尻を支えることが大事です。

前腕で子どもの体を支えることで、腕の中で一番力を発揮できる力こぶの筋肉(上腕二頭筋)を使って抱っこできるため、手首への負担は大きく軽減できます。

腱鞘炎を予防するためのストレッチ方法とは

 腱鞘炎を予防するためにしたいストレッチ方法をご紹介します。

小胸筋・上腕二頭筋・円回内筋ストレッチ

 胸の前から上腕、前腕までをいっぺんに伸ばすストレッチです。基本的には手首のストレッチよりも先にこちらのストレッチを優先して行います。

尺側手根伸筋のストレッチ

 先のストレッチをしっかり行った上で、小指側のストレッチを行います。「どうして小指側?」と疑問に思うかもしれません。小指側の尺側手根伸筋という筋肉が硬くなると、痛みを感じている親指側の手首部分に負担がかかりやすくなるためです。

  • 肘を曲げた状態で指を握り込み、手首を手前に倒します。
  • 手首を手前に倒したままゆっくりと肘を伸ばしていきましょう。
  • 伸ばした状態で20秒キープしましょう。2セット行えるといいですね!
尺側手根伸筋ストレッチの始まりの姿勢
①始まりの姿勢
尺側手根伸筋ストレッチの終わりの姿勢
②終わりの姿勢

ご紹介したストレッチは、ほんの一部でありお客様の肩甲骨・肩・腕・手首周辺の筋肉や組織の柔軟性によって施術が必要な場合があります。

まとめ

 産後の腱鞘炎について原因や対策についてご紹介しました。産後の腱鞘炎はほとんどの場合、抱っこが手首に大きな負担がかかる方法になっており、継続して同じ抱き方をすることで特定の筋肉だけが極端に疲労して痛みが出現しています。

産後の身体へのダメージは、ひどい交通事故にあったと同じくらいと例えられるくらいのダメージなので一人で改善するには限界があります。運動習慣がなかった方はなおさらです。一人で悩んだり痛み止めで諦める前に、専門家に依頼しましょう。腱鞘炎だけに限らず、巻き肩や猫背、反り腰といった姿勢の崩れも必ず併発しています。

Harmoniaでは、産後ママに起こりやすい肩こり・腰痛・ぎっくり背中・腱鞘炎・股関節痛・ぽっこりお腹など改善する施術・トレーニングを行っています。

40代以降で腰痛や股関節痛、膝痛などに悩む子育て女性は少なくありません。産後のダメージを早めに回復して元気に子育てできる身体で過ごしませんか?

ご予約方法

 整体サロンHarmonia(ハルモニア)は完全予約制です。以下の予約フォーム、LINE、お電話のいずれかでご予約ください。

予約フォーム

サービス選択・スタッフ選択・ご利用希望日時をそれぞれ選んでいただき、詳細にどんな不調でお悩みか簡単にご記入ください。

※予約フォームは24時間受け付けております。(時間帯により予約確定は翌日になります。)

※オンラインでの楽器奏者のコンディショニング相談に関しては、予約フォームあるいはLINE予約よりご予約ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です