医療・福祉のリハビリ現場で10年以上経験を積んだ医療系国家資格保有のスタッフが対応!

帝王切開後も骨盤ケアが大切!骨盤の歪みを改善し、心身ともに健やかな育児

妊娠によりお腹が膨らんだ女性の写真です。

 産後の体型変化や身体の不調に悩むママさんは多いのではないでしょうか。妊娠中に大きくなった子宮や緩んだ腹筋群や骨盤底筋群、骨盤の歪みが原因で、なかなか体型が戻らないという経験をされた方も多いと思います。

特に帝王切開で出産した女性は、手術の傷による腹筋群の極端な筋力低下や腹筋が使えないことで腰やお尻の筋肉が固くなることで、ぽっこりお腹や骨盤の歪みにつながります。普通分娩ではないため骨盤が開いていないから大丈夫だろうと考える人も少なくありませんが、少なからず負担がかかっています。

そこで今回は、帝王切開で出産を経験された方へ、産後骨盤ケアについてご紹介します。産後の不調を解消し、心身ともに健やかな育児を行うためのヒントが満載です。ぜひ最後までお読みください。

帝王切開後でも産後の骨盤ケアが大事な理由

 妊娠中は、子宮の成長に合わせて腹筋群・骨盤底筋群が引き伸ばされ、骨盤が緩んでいきます。しかし、普通分娩のように骨盤底からの出産ではないため骨盤が開かないと思われがちです。

帝王切開での出産は、お腹の筋肉を切開して出産するため、傷口の痛みや治り具合によりお腹の筋肉に力を入れられない時期があり、お腹の筋肉は普通分娩時よりも筋力低下を起こします。また、帝王切開でも筋肉・靭帯を緩めるホルモンの影響で少なからず骨盤底筋群にも負担がかかっているため筋力低下を起こしている場合も多いため骨盤の歪みにつながるのです。

骨盤の歪みが残ると、様々な不調が起こります。代表的なものは…

  • 腰痛
  • 坐骨神経痛
  • 肩こり
  • 姿勢の悪化
  • 体型の崩れ

などです。これらの不調は、骨盤・股関節周囲の筋力バランスの崩れや柔軟性の低下から起こり、筋力が整わなければマッサージやストレッチを行っても再び戻ることも多いです。

そのため、産後は早めに骨盤ケアを行い、骨盤の歪みを整えることが重要です。骨盤の歪みを改善することが、体型の改善にもつながります。

帝王切開後の骨盤ケアでできる対策

 では、帝王切開後の骨盤ケアはどういったことが対策としてあるのでしょうか。おすすめな4つ対策をご紹介します!

理学療法士による産後ケアや産後整体を受ける

 理学療法士による産後ケアや産後整体は、産後の骨盤の歪みや腹筋群や骨盤底筋群の筋力の状態、帝王切開による傷口付近の皮膚の状態など身体の状態をしっかりと評価し、徒手療法やストレッチ、筋力トレーニングを活用して産後の骨盤の歪みを整え産後に受けたダメージの早期回復を目指していきます。理学療法士がが丁寧に骨盤の歪み・筋力低下の改善していきます。

骨盤の歪みや筋力低下が改善されることで、腰痛やむくみ、姿勢の悪化などの症状が和らぐだけでなく、体型の改善にもつながります。

ご自宅でのセルフケアがなかなか難しい方は、子ども連れでも来院できるお店もありますので探して利用してみてはいかがでしょうか。

産後ママのボディケアを行っているところです。お子様連れでもスタッフ2名体制にて見守りスタッフ・施術スタッフに分かれて対応いたします。

産褥体操をコツコツ行う

産褥体操は、妊娠・出産に伴って起こったお腹周り骨盤周りの筋肉の筋力低下を回復させるためのきっかけになる運動です。

産褥体操は、普通のトレーニングと違い、産後まもない時期から始められる簡単な運動が多く盛り込まれています。生まれたての赤ちゃんの育児は大変ですが、少しずつ時間があるときすべてのメニューではなく1〜2種類の運動をやってコツコツ弱った筋力を取り戻していきましょう!

ふとした時に、「あれ?腰の負担が少ないかも」と思うことがあるかもしれません。

産褥体操の一つの頭上げ腹筋

股関節周囲の筋膜リリースをする

 股関節周囲の筋膜リリースは、妊娠・出産によって負担がかかって硬くなってしまった筋膜を緩めて骨盤の歪み・を改善していく方法です。帝王切開では、腹筋に力を入れると傷口が痛い期間もあり、股関節へ負担がかかっていることも多いです。

専門家に丁寧に骨盤周りの筋肉をほぐしてもらい、股関節にかかる負担を減らしていきます。筋肉の血行が改善されるため、腰痛・むくみの解消にも効果的です。

ご自宅ではテニスボールや筋膜リリース用のボールを用いてお尻や股関節の横側のボールを押し当てると痛い部分を刺激してリリースすることができますが、専門家に一度相談して自分に必要なリリース方法を指導してもらうのがいいでしょう。

体幹・股関節周囲の筋力トレーニング

 産後の体幹・股関節周囲の筋力トレーニングはとても大切です。特に帝王切開後は、お腹の筋肉が弱くなりやすいため、お尻の筋肉をうまく使うことができなくなるため、反り腰傾向になり、腹筋群やお尻の筋肉の筋力低下が起こります。

帝王切開の傷口が治り、付近のトレーニングなど運動を再開しても大丈夫と言われてから、トレーニングがスタートとなります。弱ってしまった腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋・腹横筋を使えるようにして

バランスボールを用いた体幹トレーニングをしているところ

まとめ

 帝王切開後の骨盤ケアの必要性と対策についてご紹介しました。帝王切開による筋力低下はそのままにしておくと、腰痛・肩こり・ぎっくり背中などの身体の不調につながります。

一度、一人目で帝王切開をしている場合、二人目、三人目も帝王切開での出産になることがほとんどです。そのたびにお腹を切開し、腹筋群の筋力が必要以上に低下するため骨盤の歪みを整えるだけでなく、妊娠前の状態に戻すための腹筋群・骨盤底筋群のトレーニングが必要になります。

腹筋を鍛えると言っても、仰向けになって上半身を起こしてくるような腹筋では腰痛を引き起こしますので、どのような腹筋を行ったらいいか専門家に相談することをおすすめします。

子どもが自分で歩いたり移動するようになって手を離れたときに、腰痛や股関節痛、膝関節痛などに悩むことも多いので、痛みはじめてから身体のケアをするのではなく、身体の痛みに悩まないように早期から骨盤ケアをしていきましょう!専門家が必ずあなたの力になってくれるはずです!

帝王切開後の身体の不調にも対応!熊谷市の整体サロンHarmoniaの産後ケア

 埼玉県熊谷市石原にある整体サロンHarmoniaは、産後に起こる身体の不調に対応する『産後ボディケア』を行っている整体サロンです。普通分娩、帝王切開に限らず、妊娠中・産後のママの肩こり・腰痛・ぎっくり背中・股関節痛・膝関節痛などに対応しています。

理学療法士の資格を持ったスタッフが、感じている身体の不調に基づいて関節の柔軟性や筋力、抱っこの姿勢などもしっかりとチェックし、必要な施術とトレーニング、抱っこ方法の指導や抱っこ紐の装着方法の指導を行い、より快適に育児が行えるようにアプローチしています。

埼玉県パパママ応援ショップ協賛店ですので、優待カードをご利用いただけます。

育児中の辛い身体の痛みや疲労は整体サロンHarmoniaに一度ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください