050-3706-5031
頭痛・首こり・五十肩・膝関節痛・腱鞘炎・ばね指などの施術、睡眠不足のサポートはハルモニアへ!

ランナーだけでなく、ガニ股あるきの人にも多い【ランナー膝】

着地時に膝が外に向き、膝が外に逃げるストレスを受けている

 埼玉県熊谷市石原にあるコンディショニングサロンHarmonia(ハルモニア)の四分一です。

 日常生活で「膝がなんか痛むな」「膝にゴリッと音がなる違和感感じるな」といった痛みや違和感、運動中の膝の痛みなど経験された方もおられるのではないでしょうか。膝の痛みは、安静にしていると改善されることも多いですが、多くは、痛みの出た部位に負担がかからないよう、どこかの筋肉が代償して働いている場合がほとんどです。

ですので、そのままの状態を放置し続けていると、いずれは膝の痛みあるいはその他の場所の痛みを生じる原因となります。

今回は前回に引き続き、日常生活でも起こりうる、膝関節のオーバーユース(使いすぎ)障害のひとつである

ランナー膝

について解説していきたいと思います。

これらの膝の痛みも、そのまま頬って置くことで、半月板損傷や靭帯損傷、変形性膝関節症といった問題にも関わってきますので、注意が必要です。

変形性膝関節症の女性が階段昇降中に膝の痛みを感じている

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

病態

 ランニングのように膝関節の屈伸を繰り返す動作を行うと、腸脛靭帯が大腿骨外側上顆と摩擦し、炎症を起こす、オーバーユースシンドローム(使いすぎ症候群)です。

O脚や回外足(土踏まずが高くなり小指に体重が乗りやすい状態)など大腿骨と脛骨の位置関係が崩れると発症しやすいといわれています。

着地時に膝が外に向き、膝が外に逃げるストレスを受けている

症状

 中、長距離を走った後に膝関節の外側に痛みを訴えることが多いです。特に下り坂を走ると増強しやすくなります。痛みがある側の太ももを強く把持し、膝関節を屈伸させると膝関節外側に痛みが誘発されるテストで判断します。

病院での治療法

 急性期には局所の安静を保ち、アイシングや消炎鎮痛剤を投与します。原因の多くがオーバーユースであることから保存療法で軽快します。

慢性期は腸脛靭帯のストレッチ、温熱療法、足底板などを中心に保存療法を行いますが、腸脛靭帯部分切除、下肢の軸の異常を矯正する手術が適応されることがあります。

ハルモニアでの対応

 腸脛靭帯炎に関しては、O脚方向への膝のストレスが発生してしまう原因を捉えて対応していきます。実は、ランナーだけではなく、ガニ股で歩いている方も起きやすい症状ですので普段の歩く姿勢などにも多く関係しています。

原因としていくつか挙げるとすると、

例えば…
  • 中殿筋・梨状筋というお尻の筋肉が硬い
  • 内ももの筋力が弱い
  • 足が甲高(土踏まずが高い)であり、小指側に体重が乗りやすい

があり、膝が外に広がるストレスが出る傾向にあります。このことは、実際に再現しながら捉えていくことになります。

例えば、「フロントランジ」といって大きく一歩足を前に出す動作をしたときにつま先よりも膝が外に出てしまう動きが現れます。

片足ジャンプの着地時に膝が外に広がりやすくなります。

走ったりジャンプした際に、膝が外側に逃げてしまう場合、外側側副靭帯や腸脛靭帯に負担がかかりランナー膝と言われる腸脛靭帯炎が起こりやすくなります。

これらの症状に対し、お尻の筋肉である中殿筋・梨状筋のストレッチや膝が開かないように制御するための内腿(股関節内転筋群)の筋力を強化する他、小指側に体重をかけすぎることによって起こる小趾を握る筋肉(短小指屈筋)・親指を内側に倒す筋肉(母趾内転筋)の硬さをほぐす施術や長母趾屈筋などの親指を握る筋肉の強化施術を行ったりと、膝が外側に流れてしまうことを抑える体操・トレーニングにてアプローチしていきます。

ご自宅で行えるタオルやクッションなどを使ったトレーニング指導もお伝えいたしますので、お店で実感した効果をご自宅でも継続していただけるように工夫しております。お気軽にご相談ください!

ご予約・ご相談は以下から
LINE公式アカウントからのご予約・相談はこちらをクリック
パソコンからのご予約はこちらをクリック
お電話でのご予約はこちらをクリック

参考書籍

  • 整形外科学・外傷学 文光堂
  • 標準整形外科学 医学書院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です