熊谷の整体サロンです。肩こり・四十肩/五十肩・手首痛・腰痛・膝関節痛はご相談ください!

【変形性膝関節症】痛みが辛くて手術したのに、膝の痛みが続くのはなぜ?

変形性膝関節症で膝が痛くて手術したのに、膝の痛みが続くのはなぜ?

膝の痛みの最終形態である変形性膝関節症。関節軟骨が加齢やメカニカルストレスがかかり続けることですり減り、関節内に炎症を起こしたり、関節が変形してしまい膝関節周囲に痛みを生じる疾患です。

歩いたり、階段を上り下りしたり、床から立ち上がったりがかなり辛くなります。

階段を登っている際の膝の痛みを感じている写真です。

一度なってしまったら元通りにはならないため保存療法で継続的にリハビリをしていくか、人工膝関節の手術をして関節変形から脱却してリハビリするかを選ぶことになります。決して高齢者だけがなる疾患ではありません。

マラソンや登山などが趣味で、膝の痛みを抱えサポーターなどでごまかしながら過ごしてきた50代の方が整形外科医より手術が必要なことを言われたというケースも少なくありません。

背に腹は代えられないと手術をして退院後に「手術後も膝の痛みが続く上に膝の曲げ伸ばしが行いにくくなった」と感じる方がいらっしゃいます。

手術したら良くなると言われたのにどうして…と思っている方も多いかもしれませんが、それにはちゃんとした理由があるのです。

では、どうして変形性膝関節症の手術をしたのに膝の痛みが続くのでしょうか。

人工膝関節手術後も膝の痛みがとれないのはなぜ?

変形性膝関節症に対する人工膝関節の手術後に痛みが出る原因としていくつか挙げていきます。

術創部(手術痕)の癒着

膝を手術するに当たって20cm程度にわたり、皮膚を切開するため手術痕が残ります。切開したところを修復するために人間は皮膚を再生させていくわけですが、その際に手術痕の下にある筋肉や靭帯、骨などに貼り付いてしまう癒着が起きることがあります。

人工膝関節の手術後は本来、手術痕の皮膚が癒着しないように傷口のかさぶたが取れた段階で、入院中のリハビリで癒着しないように皮膚にアプローチするのが一般的です。また、セルフケアで傷口周りをマッサージしてもらうように指導しますが、皮膚に対するマッサージについての説明が不十分で全然行えていなかったり、傷口周りに痛みを伴ってかさぶたが取れた後もあまりマッサージなどができなかったりすると皮膚が癒着してしまいます。

すると皮膚が膝周囲の筋肉や軟部組織、骨などに癒着してしまうことで正常な膝関節の曲げ伸ばしが行えなくなり、癒着してしまった部分が引き連れるような痛みを起こしてしまいます。

癒着した部分に関しては、早い段階で剥がしていかないとどんどん硬くなってしまうため、しっかりと癒着を剥がしていく必要があります。

手術前からの膝関節可動域の制限

変形性膝関節症になられた方の多くは、膝関節の曲げ伸ばしの機能が著しく低下しています。膝関節を安定させるための軟部組織や筋肉、脂肪組織が硬くなってしまう関節拘縮が起こることで動きが悪くなっているからです。

膝が関節拘縮を起こしている写真です。完全に膝が伸びないようになっているのがわかります。
完全に伸びない変形性膝関節症手術後の膝関節

手術をしても、関節の構造自体は元の骨の形に近い状態になったとしても関節拘縮の状態は元通りにはなっていません。手術前に合った関節拘縮を取り除く必要があるため、手術後からリハビリを開始するのです。

しかし、手術前の痛みを避けるための身体の使い方の癖が残っているため、関節拘縮を改善させるためには、膝関節周囲の組織の動きを良くするアプローチの他に膝関節の使い方や立ち座りの方法、歩き方などを手術前の状態よりも良い状態にするためのトレーニングが必要になります。

手術前からの筋肉の柔軟性低下・筋力低下

変形性膝関節症になる人の多くは、膝の痛みをかばいにかばい続けているために、硬くなることの無い大腿部の筋肉(外腹斜筋・大腿筋膜張筋、外側ハムストリングス・薄筋など)、膝裏の筋肉(膝窩筋)、梨状筋

変形性膝関節症の方の多くが、腹筋の弱さから反り腰や腰を丸める姿勢を保持している方が多く、それに伴いO脚・X脚の膝へのストレスが増えていくことで

例えば、内側広筋という膝関節を伸ばす筋肉がありますが、この筋肉の筋力低下を起こしている人がほとんどです。

また、膝の痛みをかばうあまりへっぴり腰で歩いたりする人が多いため、お尻の筋肉である大殿筋がちゃんと働かず、筋力低下を起こします。

膝関節を伸ばす筋肉のイラストです。

手術後の膝の痛みはどうしたら軽減できるか

膝の痛みが手術後にも続いてしまう原因をいくつか述べてきましたが、ではこれらの膝の痛みを軽減するためにはどうしたらいいのでしょうか。

手術痕の癒着を剥がす

手術痕の癒着でも膝の動きの制限が起こるため、癒着を剥がす必要があります。しかし、癒着を剥がすのはなかなか自分自身ではできないため、理学療法士など癒着を剥がす知識をもつ人に対応してもらう必要があります。

正直、癒着部分を剥がす際には少々痛みを伴い、施術後は手術痕周囲が熱を持ちますが2〜3日後には熱も引いて皮膚の動きが良くなります。

ストレッチをする

手術前からあった柔軟性の低下を改善するためにふくらはぎや太ももの筋肉、股関節の筋肉のストレッチを行うことが重要になります。

例として、一つ腿の後ろからふくらはぎにかけてのストレッチの方法をお伝えします。

  1. 椅子の前の方に座り、片足を伸ばす
  2. 伸ばした脚の膝の上に両手を置く
  3. 上半身の重みを膝に乗せるように、股関節から倒れるように骨盤と上半身を倒す

この方法で膝関節の後ろ側の筋肉や太もも裏の筋肉をストレッチして膝関節を伸ばす動きを引き出しやすくします。

その他にもやるストレッチやセルフケアの方法はありますが、変形性膝関節症の状態や身体の使い方によって行うストレッチは変わってきます。

自分に合わないストレッチを行うことは、痛みを悪化させる原因になるため理学療法士などの専門家に相談しましょう。

弱くなった筋肉の筋トレをする

変形性膝関節症の方は、膝を伸ばすために使われる内側広筋という筋力が弱い方がほとんどであり、人によって内ももの筋肉である大内転筋やお尻の外側にある中殿筋と行った筋肉の筋力低下もあります。また体幹を支えることに関わる腹部の筋肉も筋力低下を起こしている場合があります。

例として背中・腰・お尻・太ももの筋肉を鍛えるブリッジ運動をご紹介します。

  1. 仰向けに寝て、両足・両膝は握りこぶし1つ分間をあけ、両膝を90°より少し曲げて立てる
    両手はお尻の横付近に小の時を書くように置く
  2. 両肩甲骨をマットに押し当てるように意識しながら股関節の前側から天井に持ち上げるようにお尻を上げる
  3. そのまま5秒間キープを10回からスタート!
背中・腰・お尻・太ももを鍛えるブリッジ運動のスタート姿勢の写真です。
背中・腰・お尻・太ももを鍛えるブリッジ運動の動作時の写真です。

実は、変形性膝関節症にとって股関節周囲の筋肉がとても大事です。お尻の筋肉が弱い方は、膝が開いてきてしまったり、お尻が高く挙げられなかったりするので継続して行ってみましょう。

両膝の間がだんだん開いてきてしまう方は、枕や座布団を膝の間にはさんで膝が開きすぎないように工夫しましょう!

うまくできない場合や太もも裏がつってしまうといった場合、やり方が合っていないこともあります。そういった場合は、運動指導をしてもらえる専門家にご相談ください。

また、他にもやるべき筋力トレーニングはたくさんありますが、ストレッチ同様その人にあった運動を選択して行わないと逆効果な場合もあるため、知りたい方はハルモニアにご相談ください。

リハビリを継続する

ストレッチや筋力トレーニングを挙げてきましたが、不調が続くようであれば入院時から続けていたリハビリが継続できるのが一番です。膝周りの癒着や関節拘縮、筋力トレーニングに対する対応ができる上、日常生活に必要な椅子からの立ち座りの方法、床からの立ち座りの方法なども指導してもらえます。

しかし、近年の医療保険制度の改定で、医療保険のもとでは整形外科疾患になってから150日というリハビリの期限があることから、150日にてリハビリを終了されてしまうこともあります。(医師による判断に任されています。)

病院やクリニックによっては、リハビリ終了時に膝の動きが完全に戻らない場合は諦める他ないと伝えられることがあるかもしれません。

しかしながら、諦めてしまっては治るものも治りません。

治すんだ!という気持ちを持ち、地道に膝に対するストレッチや運動を続けていくことが痛みを改善させるための一番の近道とも言えます。

変形性膝関節症手術後の痛みについてのまとめ

変形性膝関節症の人工関節手術後の痛みに関して解説してきました。正直、長年かけて変形させてしまった膝の周りの筋肉や関節包、靭帯の柔軟性を取り戻すことは1週間や2週間程度の短期間で元通りになることはほとんどありません。

退院までの期間が短くなっている昨今で、そこまで時間をかけてリハビリできることも少なくなってきています。

外来リハビリで継続してリハビリできれば一番いいですが、病院・クリニックなどで続けられない場合は自費にてリハビリを受けることも一つの方法です。

整体サロンハルモニアは、10年以上理学療法士として病院・整形外科クリニックにてリハビリテーションに従事し、変形性膝関節症の方のリハビリを対応してきたスタッフが在中しています。保険適応はできませんが、培ってきた知識と技術をもとに病院で行っていたリハビリを継続すること、病院で行っていたリハビリとはまた違った方法でアプローチすることができます。

変形性膝関節症のリハビリを行っている写真です。

現在でも、変形性膝関節症の手術後の人はもちろん、手術をしないで現状のままで保存療法で維持していきたいという方にもご利用いただいております。

変形してしまったら、痛みを軽減させたり、痛みのない状態を維持するためには継続したストレッチや筋力トレーニングなどの変形性膝関節症独自のケアが必要です。限界を感じる方はぜひハルモニアにご相談ください。

ご予約方法

整体サロンHarmonia(ハルモニア)は完全予約制です。
お電話、LINE、予約フォームのいずれかでご予約くださいませ。

LINE・予約フォームは24時間受け付けております。(時間帯により予約確定は翌日になります。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。