050-3706-5031
頭痛・首こり・五十肩・膝関節痛・腱鞘炎・ばね指などの施術、睡眠不足のサポートはハルモニアへ!

内股で動作する人に多い【鵞足付着部炎(鵞足炎)】

膝が内側に入った状態での着地時に起こる体の負担

 埼玉県熊谷市石原にあるコンディショニングサロンHarmonia(ハルモニア)の四分一です。

 日常生活でのちょっとした膝の痛みや、運動中の膝の痛みなど経験された方もおられるのではないでしょうか。

膝の痛みは、安静にしていると改善されることも多いですが、多くは、痛みの出た部位に負担がかからないよう、どこかの筋肉が代償している場合がほとんどです。

ですので、そのままの状態を放置し続けていると、いずれは膝の痛みあるいはその他の場所の痛みを生じる原因となります。

今回で前回、前々回と投稿してきた膝関節のオーバーユース(使いすぎ)障害のひとつである

鵞足付着部炎(鵞足炎)

について解説していきたいと思います。

これらの膝の痛みも、そのまま頬って置くことで、半月板損傷や靭帯損傷、変形性膝関節症といった問題にも関わってきますので、注意が必要です。

では、解説していきます。

鵞足付着部炎

病態

 脛骨内側顆内側側副靱帯付着部前方に、これと重なるように縫工筋、薄筋、半腱様筋腱が扇状に付着している鵞足が、ランニング、ジャンプのような繰り返す機械的刺激によって炎症を起こし、疼痛を発するものをいいます。鵞足と脛骨の間にある鵞足包が炎症を起こし、鵞足包炎を合併していることもあります。

 バレーボールやバスケットボールなどのジャンプ時、着地時に膝が内側に入っている場合、レシーブやディフェンス時に腰を落とす際に内股にてパワーポジションをキープしている場合に、ストレスを受けやすく、繰り返し使うことでも症状が起きます。

症状

 脛骨内側顆前内側部面に局在性の疼痛、圧痛があり、時に腫脹を伴う典型的なオーバーユースシンドローム(使いすぎ症候群)です。

病院での治療法

 急性期でも、慢性期でも保存療法が行われます。疼痛に合わせて運動量、運動の内容を調節するようにします。ステロイド剤局所注射が有効なことも少なくないようです。

ハルモニアとしての対応

 鵞足付着部炎に関しては、ランナー膝(腸脛靭帯炎)と異なり、膝が内側に入り着地していたり、内股にて立ち座りを行っている方に多い症状です。

膝が内側に入り、つま先が外に向いた膝の曲げ方

一見、膝の内側部だけの痛みに対して施術をすれば解消されると思われがちですが、膝が内側に入ってしまう原因を解消しなければなりません。

例えば…
・太もも横にある大腿筋膜張筋が硬い
・太もも裏外側にある大腿筋膜張筋が硬い
・足指を握る筋肉が弱く、土踏まずが潰れている
・ふくらはぎの筋力が弱い
・腸腰筋という股関節の付け根の筋肉が硬い
・大殿筋の筋力が弱い
など

簡単に挙げただけでも、上記の問題があります。
これらの問題を姿勢や動作を元に一番の原因になっている部分からアプローチを始め、全体の柔軟性や筋力を整えていきます。

ストレッチや体操だけでコントロールできない場合は、筋力低下がありますので弱くなっている筋力に対してのトレーニングを行っていきます。

トレーニングをどれだけ自主的に続けられるかで筋力バランスが整うまでの期間が異なります。
筋力低下が著しいと3ヶ月以上かかりますので、根気よくトレーニングが必要になります。

  • なかなか一人ではトレーニングが頑張れない方
  • バランスを崩したくないため定期的にメンテナンスされたい方
  • 痛み止めだけでごまかすがもう嫌になった方

は、ハルモニアをぜひご利用ください。

ご予約方法
ご予約は、以下の方法から選択いただけます。
LINE公式アカウントからのご予約・相談はこちらをクリック
パソコンからのご予約はこちらをクリック
お電話でのご予約はこちらをクリック

参考書籍

  • 整形外科学・外傷学 文光堂
  • 標準整形外科学 医学書院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です