050-3706-5031
頭痛・首こり・五十肩・膝関節痛・腱鞘炎・ばね指などの施術、睡眠不足のサポートはハルモニアへ!

自宅でできる体操⑤【胸前〜脇腹ストレッチ】

埼玉県熊谷市石原にある整体サロン『コンディショニングサロンHarmonia(ハルモニア)』の四分一です。

今回は、instagramにて投稿していた1日1体操動画その5の解説になります。

胸の前・脇腹を伸ばす上半身のストレッチ編

です。

早速、いってみましょう!

どんな負担を抱える方におすすめ?

今回のストレッチは以下のような方におすすめのストレッチとなっています。

  • デスクワーカー
  • 赤ちゃんを抱っこする機会の多い産後ママ
  • 猫背の方
  • チェロ奏者
  • ピアニスト
  • フルート奏者
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 立ち仕事が多い方
  • カフェ店員  など

全体的に猫背や巻き肩になりやすい姿勢を保持するお仕事をしている場合や、抱えて演奏する楽器奏者の方に行っていただきたい体操になります。

体操の動画はこちら!

では動画を見ていきましょう!

時間・回数は

動画では、開いたり閉じたりを繰り返し行っています。

基本的には、痛みを強く伴わない小さな範囲から動くようにしてください。
繰り返し行っていると次第に軽い痛みもあまり出なくなってきますので、徐々に開く範囲を大きくしていきます。

基本的には上半身が天井に開くようになるまで20回往復します。

頻度としては、猫背や肩こりが強い場合は、こまめに行なってもらうと良いと思います。

そうでない方で、不調を予防する意味で行う方は、入浴後の身体が温まったタイミング、あるいは胸周りの筋肉が張る作業やデスクワークなど同じ姿勢を取るなどした後に行えるといいかと思います。

どこの筋肉が伸びるのか

このストレッチを行うことで、主にオレンジ色の矢印上に伸びる感覚・突っ張る感覚が起こります。

ストレッチされる筋肉としては、

大胸筋

前鋸筋

内腹斜筋
外腹斜筋

という胸の前から脇の下、脇腹にある筋肉が伸ばされます。

注意点

このストレッチにおける注意点です。

  • ストレッチをしていて、張っていたところが緩んでくる感覚があればOKですが、同じ痛みがずっと続く場合痛みが増強する場合は、ストレッチをやめましょう。
  • 胸から肩の前面・脇腹が痛気持ちいい程度での動きならOKですが、肩の後ろ側が痛い場合は、肩甲骨の内側にある筋肉が固くなっている場合がありますので、そちらのストレッチを先に行ってからこのストレッチを行ってください。
  • 腰痛が出てしまう場合は、腰の筋肉の柔軟性が低下している場合がありますので、痛みの無理のない範囲で開くようにしてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、胸の前・脇腹を伸ばす上半身のストレッチを紹介しました。

猫背の姿勢の方が多くなってきている昨今、このストレッチで胸の前から脇腹が伸びる感覚が分かる人は多いかもしれませんね。
この部分を伸ばさずそのままにしておくと肩こりや手のしびれの原因になったりしますので、少しずつ行ってみてください。

また、ストレッチをすると痛みやしびれがでて続けられないという方はぜひ当院をご利用ください。
日常生活や趣味活動に支障が出る前に解決していきましょう!

ご予約・ご相談は以下から
LINE公式アカウントからのご予約・相談はこちらをクリック
パソコンからのご予約はこちらをクリック
お電話でのご予約はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です