050-3706-5031
頭痛・首こり・五十肩・膝関節痛・腱鞘炎・ばね指などの施術、睡眠不足のサポートはハルモニアへ!

楽器演奏者向けボディワークって何?

 埼玉県熊谷市石原にあるコンディショニングサロンHarmonia(ハルモニア)の四分一です。

 今回は、『楽器演奏者向けのボディワーク』についてお伝えしていきたいと思います。

 当サロンは、埼玉県で唯一(自分調べ)、『楽器演奏者のためのボディワーク』と称して楽器を演奏している姿勢や動作を基に、ボディワークとディスカッションを通して、演奏しやすいからだの使い方を気づいていただくコースをご用意しております。

 私自身、妻と知り合うまでは音楽は「J-POP」のような音楽のみで「クラシック」などはほとんど聞いていませんでした。妻と出会ってからは、市民吹奏楽団の定期演奏会や音楽大学OBOG演奏会などいろいろ行く機会が増え、音楽での感動を覚えました。

 しかし、チェリストの方へ携わったことをきっかけに、素敵な音楽を奏でている楽器演奏者の方々に故障していらっしゃることが多いことを知りました。

この記事を読まれている楽器演奏者のみなさんは、どんな不調を感じますでしょうか。

  • 立って演奏しているときの腰痛?
  • 演奏中に感じる首から肩へかけての強張り?
  • 弦楽器を演奏する際の弓の操作時に感じる手首の痛み?
  • 曲数が増えるごとに感じる指の強張り?

どれも演奏のパフォーマンスを低下させる要因となる症状かと思います。

 では、どのようなきっかけで上記の様な症状が起こるのでしょうか。何個か要因となるものをあげていきたいと思います。

演奏中のからだの使い方によって、強張りを招く

 楽器それぞれによって構え方、重心位置のとり方が異なるかと思います。
フルートで言えば、唇の下、右手の人差指の付け根、左手の親指の3点で楽器を支え、楽器の位置がからだの右側にあることから上半身の重心が右に位置しやすいことになります。

フルートを演奏している女性

チェロで言えば、椅子に座り、エンドピンと胴体の上部の部分で楽器を支え、人によっては胴体あるいは側板部分を大腿内側部で支える使い方をするかと思います。

チェロを演奏する女性

上記した2つの楽器での負担のかかる姿勢はどんなものか、例を挙げてみます。

フルートに関しては、リッププレートに唇を当てに行く際、フルートを顔に近づけていくのではなく、フルートに顔を近づけ、顎が前に出るような姿勢で演奏していると首から背中の筋肉が張りやすくなり、右肩の張りや指の動きにくさにつながることがあります。

チェロでは、椅子に座っている姿勢が丸まった姿勢のままチェロを支え、音の強弱を出す際に体幹から動かして弓を動かすのではなく、手首だけに力を入れて弓を動かすことで、腰痛や肩周りの張り、上腕・前腕の強張りや手首の痛みにつながることがあります。

 演奏中、本来あるべき姿から逸脱することで、必要以上の力みが生じ、首周りの筋肉が固くなったり、腰痛が見られたり、全身の筋肉の緊張が高くなってしまう症状がみられやすくなることが考えられるのです。

日常生活での姿勢の崩れが演奏時に影響する

 演奏中の姿勢は、立ったままであったり、椅子に座っていたりと様々かと思います。

 では、日常生活ではどうでしょう。
椅子に座って猫背になってパソコン作業していませんか?

日常生活の姿勢で猫背になってしまっている女性

足を組んで椅子に座っていることはありませんか?

脚を組んで座って猫背になっている男性

立ち姿勢で作業をするとき、休めの姿勢に長時間なっていませんか?

休めの姿勢をとっている男性

 人の背骨は正しい位置にあることで効率よく力を伝える作用を持ち、S字カーブが保たれていることで上半身を円滑に動かすことができます。

脊柱(頚椎・胸椎・腰椎)の解剖図

 ですが、前述したちょっとした姿勢の崩れから、脊柱が本来持っているS字カーブが崩れ、一番効率よく体幹が安定している姿勢から逸脱し、結果として体幹を安定させるために肋骨の間にある肋間筋という筋肉が固くなってしまったり、前鋸筋や僧帽筋といった肩甲骨周囲の筋肉が固くなりやすかったり、外腹斜筋という上腹部の筋肉が固くなったりと悪循環を生み出します。

ですので、演奏時の不調をきたす原因は、演奏時だけに限らないということです。

練習のやりすぎが、円滑な指の動きを阻害する

 以前、投稿させていただいた日本音楽家医学研究会の学術集会にて、練習のやりすぎ(オーバーワーク)をすることで、『腱鞘炎』を発生しやすくしたり、指先をより効率よく動かそうとするあまり、指先が動かなくなるといった『ジストニア』という症状が出やすいと報告があります。

指がうまく動かないからと、練習を増やせばいいわけではなく、うまく動かない原因をしっかりと探して突き止めることが重要となります。

日本音楽家医学研究会では、イメージトレーニングの重要性の話もありました。演奏する前に、どのように指を動かすか事前にイメージトレーニングを繰り返した上で、1回の練習に取り組むだけで練習効率が上がるとの報告もあったため、イメージトレーニングをしっかりと行うことも必要かと思います。

力みが生じにくい姿勢の獲得を!

 前述してきたそれぞれのことを踏まえ、日常生活から気をつけていないと楽器演奏中にも負担が現れてしまうことが少しでもわかっていただけたでしょうか。

正しい姿勢を覚え、崩れてしまってもどういった姿勢を意識し、固くなってしまった筋肉をストレッチにて伸ばす

ことで、如何に力みない演奏できるからだを維持するかがポイントになるかと思います。
一度崩れてしまった姿勢を取り戻すには、長年崩して使ってきた分、時間がかかることもあります。早いうちから、注意していったほうが良いかと思います。

まとめ

 『楽器演奏者向けのボディワークを行う意味』と題して述べていきましたがいかがだったでしょうか。
今回述べてきたからだの使い方については、人それぞれで癖や特徴が異なるため、全ての人に当てはまるかといったらそうではありません。

 自分のからだの状態を知り、どのような問題が起きているのかを捉えることで修正する点が自分自身で見えてくる状態を作ることが、ボディワークを行う意味となります。

 もちろん、ボディワークだけでは、ガチガチになったからだを変えることができるかはわかりません。そのような場合は、からだのメンテナンスを行ってからボディワークにて故障の起きないからだの使い方を学んでいくことをおすすめします。

 Harmonia(ハルモニア)では、60分コース・90分コース・120分コースをしっかり時間を使ってメンテナンスからボディワークまで対応するメニューも取り扱っておりますのでお気軽にご相談下さい。

本日もブログを見ていただきありがとうございました。


ハルモニアの施術をご利用されたい方!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です