050-3706-5031
頭痛・首こり・五十肩・膝関節痛・腱鞘炎・ばね指などの施術、睡眠不足のサポートはハルモニアへ!

【活動報告】君の未来の作戦会議!

君の未来の作戦会議セミナー

2020年1月25日土曜日にFacebookグループ「PT・OT・STの起業・副業・複業・情報交換」主催

君の未来の作戦会議!

が開催され、運営スタッフの一人として参加してきました。
(個人情報保護のため写真掲載は控えさせていただきます。)

今回、運営側として、セミナーの企画を行ったこと無いスタッフが今までの経験値から話し合って作り上げ、普段利用したことが無い色々な媒体を使うということが一つテーマに合ったように思っています。

本セミナーは「会場参加」と「オンライン参加」の2通り

セミナーは「会場での参加」とZOOMというオンライン会議ができるソフトを活用した「オンライン配信参加」という新たな形式でのセミナーとなりました。

会場設営も机と椅子だけでなく、配信媒体を設営する必要がありました。配信環境は主催者の一人が様々な機材を持っていたためそれを利用しましたが、セミナーを配信できる環境を整えるにはそれなりの時間が必要だなと痛感しました…

もちろんビデオ会議だけであればスマートフォン1つで今の世の中できてしまいます。しかし今回はセミナーのアーカイブを残すこと、よりきれいな映像で、演者とPowerPointのスライドを映す必要があったためネット環境の他、パソコン、カメラ、ビデオミキサー、複数配信用デバイスなどなどたくさんの機材を使いました。おそらく総額20万近いでしょう…運営側の一人の人がいくらガジェット好きだからと言えど、これだけのものをすぐ揃えるのは難しいですね…

ただ、なにか今後配信する際に必要な物品を知ることができたのは大きかったと思います。

参加費の集め方はクラウドファンディングで

どんなタイムスケジュールで進めていくか、どれくらいの費用がかかるのか、どんな準備が必要で、どんなことに注意したらいいのかなど、運営する側の苦労を体感できたとともに、学ぶこともたくさんありました。

そのうちの一つ、今回の参加費の支払い方法を『CAMPFIRE』というクラウドファンディングサイトを利用したということです。

今後、起業や副業、複業をする上で資金集めの一つの選択肢となるクラウドファンディング。自分のやりたいこと、作り上げたものなどプレゼンした上で、支援してもらうシステム。
理学療法士の方で、徒手筋力計を量産するためにクラウドファンディングで200万円の資金調達を成功させたという事例もあるくらい。

参加費を徴収することにも利用することが可能なのか、という観点から今回りようすることにしましたが、結果としてセミナー参加費徴収には不向きであることがわかりました。(詳しくはどこかの機会で述べられたらと…)

ただ、CAMPFIREの手数料が総支援額からどのように掛かってくるのか等、知ることができました。
正直、費用計算がわかりにくかったので事前に説明サイトを数カ所巡ってみましたが、正しく計算内容が書いてあるサイトがなかったように思います。

セミナー内容は、今後の働き方にフォーカス

今回お話を頂いた方は、起業・副業・複業をされていた方々。

  • 介護施設施設長やコンサルティング、他企業の役員などマルチに活動されている作業療法士の細川さん
  • 自己を深堀りするために総額70万のセミナーに参加した経験を持ち、複業している理学療法士の豊原さん
  • 言語聴覚士でありながら、だんらんコーディネーターとして戸別訪問やオンライン相談、メール相談を行っている長岡さん
  • 病院勤務、副業、起業、大学院進学と様々な経験を積まれ現在は企業を経営されている理学療法士の樋口さん

細川さんは、今リハ職が置かれている現況を制度面、収入面から説明された上で、自分の強みをどう理解し、どのようにして仕事に生かしていくかをお話されていました。リハ職の人は自分の強みが何であるかを考える機会は少ないのではないかと思います。

豊原さんは、自己を深堀りするために出た高額セミナーでいろいろなジャンルの方々と知り合うことができ、物事の捉え方、自己投資の考え方をお話されていました。私も昨年、自己投資として起業を考えてから仕事にまつわる手技や実技のセミナーよりも自分がやりたいことをまとめる作業を行うようなセミナーに投資してきました。

長岡さんは、言語聴覚士として現在の働き方を選んだ経緯をお話されていました。オンラインでの働き方は、どこにいても日本全国の人とつなげられる、今の時代に合った方法だと思います。言語聴覚士の方はまだ有資格者が少ないので仕事の幅が広がるような気がします。初公開されていた事業も面白い事業です!

樋口さんは、自分が経験してきたことを踏まえて、リハ職が他職種に比べて劣っているスキル、必要となるスキルなどを提示しておられました。リハ職は、一般企業に努めていらっしゃる方と比べるとビジネススキルは弱い、と自分もつくづく感じるところでした。事業計画の作成だったり、マネジメントスキルだったり、営業スキルだったり…

まとめ

今回は、運営したセミナーで経験したこと、内容についての感想などを述べてきました。研修会やセミナーに参加することは合っても、運営側になることはとても貴重な経験でした。

働き方は人それぞれです。
病院で働くも良し、クリニックで働くも良し、老人保健施設で働くも良し、企業で働くも良し。
起業・副業・複業・幅業といろいろ働く手段はあります。

いろいろ変化する医療保険・介護保険制度
高騰する社会保障費
超高齢社会へ突き進む今後


未来を見据えながら行動しなければいけない。
私も、今後を見据えた上で決めた独立ですので、私は私なりの働き方を作り上げていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


ハルモニアのコンディショニングを受けてみたいと思われた方!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です