050-3706-5031
頭痛・首こり・五十肩・膝関節痛・腱鞘炎・ばね指などの施術、睡眠不足のサポートはハルモニアへ!

朝起こる太もも痛の原因は、喘息と花粉症だった!?

喘息であることで、肩こり・腰痛・太ももの張りなどが起こる場合があります。

 埼玉県熊谷市石原にあるコンディショニングサロンHarmonia(ハルモニア)の四分一です。

天気が良い日が続いていますね!

一方で風も強く、今年は花粉が多いのに加えてPM2.5も多いので、普段花粉症の症状が出ていない方でも出ている方がいるのだとか。

人によっては喘息症状が出てしまうことも。

今回は、花粉症や喘息などで起こり得る体の症状にてお話していきたいと思います。

実は体に負担をかけている『くしゃみ』『せき』

 花粉が増えると出やすい「くしゃみ」「せき」「鼻水」。喘息であれば、「せき」「息苦しさ」があるかと思います。

頻度が少なければ何も問題になりませんが、くしゃみや咳の回数が増えれば増えるほど、瞬間的に息を吐き出す行為のため、お腹周りの筋肉に力が入る機会が増え、負担となります。

花粉が多い時期、「くしゃみ」「せき」「鼻をかむ」をしている方で、腰痛や肩こり起こっているという方はいらっしゃいませんか?
その症状、「くしゃみ」「せき」「鼻をかむ」に伴う筋肉疲労による硬さが原因かもしれません。

くしゃみや咳には、努力的に息を吐き出す動作を伴います。その際、以下の画像にあるお腹の外側に位置する筋肉である腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋に力が入ります。

息を吐くときに必要な筋肉として腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋が関わっています。

主観的に1度や2度程度起こるくらいでは、これらの筋肉は固くなりませんが、花粉症の時期に繰り返し「くしゃみ」「せき」「鼻をかむ」が高頻度で行われると、腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋が疲労しやすくなり力が入った状態が抜けなくなると硬くなってきます。

そのため、定期的にこれらのお腹の筋肉をストレッチしていく必要があります。

【実際例】朝方の太ももの攣りそうな痛みでご来院いただいたお客様

 ハルモニアをご利用いただいたお客様で、太ももの大腿直筋という太ももの筋肉の過緊張が起こり、朝方の痛みの原因になっていた方がおられた方がいらっしゃいました。その原因が実は呼吸の機能の問題が関係していたので、解説していきたいと思います。

喘息を持っていることで呼吸が浅くなり肋骨の動きが硬くなっていた

 病院では、症状がひどく出てもおかしくないという指摘を受けたほどの喘息をお持ちであり、吸入器を常に持ち歩いている方でした。太もも前側が痛くなりやすいとのことで太もも周囲の硬さを確認すると大腿直筋という筋肉に圧迫すると痛みが出ていました。

太ももの筋肉である大腿四頭筋は、大腿直筋・中間広筋・外側広筋・内側広筋にて構成されています。

また普段は肩こりも起こりやすいとのお話でした。

 喘息持ちの方であったため呼吸を確認すると、

  • 浅くなっている
  • 息を吸ったときの胸の動きがほぼ無い
  • 呼吸の回数が多い

といった問題がみられました。

これらの呼吸の以上は、呼吸苦を経験した人に傾向として多く、喘息はもちろん、気管支炎や肺炎を経験された方なども呼吸方法が悪くなる場合があります。

本来、呼吸をする際には以下の画像のように、横側に広がるバケツハンドル運動と胸を張るように広がるポンプハンドル運動という2つの動きが起き、肋骨が広がることで肺へ空気が送り込まれる量を増やします。

息を吸い込む際に肋骨が動きますが、その動きの一つとしてバケツハンドル運動という動きがあります。
息を吸ったときに起こる肋骨部分の動きの一つでポンプハンドル運動という動きがあります。

ですが、この動きが固くなると、必然的に肺が広がりきれず、一度に吸える空気の量が少なくなるため、呼吸回数を必要としてしまうのです。

呼吸の際に肋骨が動かなくなると、自然と肋骨を動かすために必要な筋肉が固くなり、上半身の柔軟性が低下していきます。
この方も、肋骨の動きが少なく、肋骨の動きも出ない状態でした。

腹筋の一つである腹直筋が縮こまり、硬くなっていた

 大腿直筋の張りがあると腹直筋というお腹の筋肉も硬くなりやすいため、下記の写真のようにうつ伏せにて身体を反らす体操をしてもらうとお腹が突っ張り、みぞおち付近が伸びる感覚があるとのことでした。

うつ伏せの状態から手で床を押しながら上半身を反らす体操(体幹伸展体操)

先に説明した腹直筋という縦に長い腹筋が硬くなり、伸びなくなっていました。
この方の場合は腹直筋だけでしたが、人によっては外腹斜筋・内腹斜筋も硬くなってしまう場合があります。

腹筋が硬くなることで背筋がうまく使えず、太もも前側の筋肉(大腿直筋)に負担がかかっていた

 腹直筋が硬くなり伸びなくなってしまうとどうなるか。

  1.  背中が猫背のように丸くなる傾向が強くなる
  2.  頭が前方に飛び出やすくなり首の後から肩にかけて張りやすくなり肩こりが起こる
  3.  上記の状態の姿勢が続くと上半身の支えがお尻の筋肉ではなく太ももの前側の筋肉が中心となり、張りやすくなる

というような以下の写真の姿勢をとりやすくなります。

腹直筋が固くなることで上半身よりも頭が前方へ飛び出し、背中が丸くなりやすくなり、太ももの前側の筋肉への負担が増えます。

ですので、定期的な肩こりと太ももの張りが抜けなくなってしまうことにつながっていたのです。

ハルモニアが行った施術とアドバイス

 このお客様の場合、喘息をお持ちであったことにより以下の3点

  1.  深呼吸をすること
  2.  お腹の筋肉のストレッチをすること
  3.  太ももの筋肉のストレッチをすること

をお伝えしました。

深呼吸をすること

 肺に空気を取り込む際に、呼吸が浅くなり肋骨が全く動いていなかったため、深呼吸をしてもらうよう指導しました。ただし、喘息持ちの方が勢いよく深呼吸をするとむせてしまい逆効果である場合があるため鼻から吸い、口をすぼめた状態で息を吐く深呼吸の方法をお伝えしました。比較的むせることが少なく深呼吸ができる方法です。

喘息や気管支の弱い方などにオススメの呼吸法であるくちすぼめ呼吸。鼻から息を吸い、口をすぼめながら吐くことで、気道を広げるような圧力がかかり、息を吐きやすくなります。

口をすぼめて息を吐く際は、口の前にティッシュペーパーを用意してそのペーパーをすぼめた口から吐く息で揺らすようにしてみると良いでしょう!

お腹の筋肉をストレッチすること

 お腹のストレッチは、前述した上半身をそらすストレッチを中心に行ってもらうようにお伝えしました。腰の痛みが出ず、気持ちよくお腹が伸びるようであれば効果的なストレッチとなります。

バランスボールをお持ちの方であれば、仰向けでバランスボールへ寝そべることでもお腹の筋肉を伸ばすストレッチになります。

太ももの筋肉のストレッチをすること

 太ももの大腿直筋という筋肉はオーバーワークを起こしており純粋に縮こまったたままになっているため、ストレッチするようにお伝えしました。太ももの前側を伸ばすストレッチは色々ありますが、私が一番オススメする今回お伝えしたストレッチは、壁を使ったストレッチです。

写真のようにつま先を壁に当てながら、膝を壁から10〜20cm程度の位置につけます。反対側の膝を立てて上半身を起こしていきます。硬い方は、この姿勢になるだけでも十分太ももが伸びていきます。

更に、膝をついている側の手をバンザイするように伸ばしあげることで、腹筋と合わせて太ももの前側にある大腿直筋を伸ばすことができます。

大腿四頭筋・腸腰筋・腹直筋を同時に伸ばすストレッチです。肩こり・腰痛・膝関節痛・股関節痛に効果的です。

まとめ

 いかがだったでしょうか。花粉症や喘息があるだけでも腹筋が硬くなり、ひどい場合には太ももの前側の筋肉まで硬くなってしまうことがおわかりいただけたでしょうか。

毎年花粉の時期になると身体の至るところが痛いといった問題がある方は、一度ハルモニアへご相談ください!
硬くなった筋肉をほぐすだけでなく、くしゃみやせき、鼻をかむなどの回数が多かったときに自宅でできるストレッチをお伝えいたします!

ご予約方法
ご予約は、以下の方法から選択いただけます。
LINE公式アカウントからのご予約・相談はこちらをクリック
パソコンからのご予約はこちらをクリック
お電話でのご予約はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です