050-3706-5031
埼玉県で唯一!音楽家に特化したコンディショニングを受けられるのはコンディショニングサロンHarmoniaだけ!

手術経験談【反復性肩関節脱臼】とHarmoniaの想い

反復性肩関節脱臼での肩の痛み

 埼玉県熊谷市石原にある整体サロン『コンディショニングサロンHarmonia』の四分一です。Harmoniaの代表の私は痛みや姿勢を根本改善させるセラピストであり理学療法士ですが、社会人になってから左肩の痛みから手術とリハビリを経験した過去があります。今の自分があるのはこの経験があったからと言っても過言ではありません。

 今回は、自分が当事者として困った反復性肩関節脱臼の手術・リハビリについての経験談とこれらを経験してHarmoniaとしてこういった経験を踏まえて、手術経験者・リハビリ経験者の方への想いを書いていきたいと思います。

仕事して1年目で反復性肩関節脱臼を受ける

 仕事を覚えるのに精一杯でこんなに業務がたくさんあるのかとがむしゃらに働いていました。そんななか、入職から半年が過ぎたころに左肩の違和感を感じ始め、痛みが出ることも。しばしば、朝起きると左肩が動かず、明らかに脱臼していました。はじめのうちは自分でなんとか整復できていましたが、手術前あたりは整復しにくくなってきていました。過去の記憶を振り返ると、高校生の時に柔道部に所属しており、とある大会中に瞬間的な脱臼を経験していました。次の日には痛みが引いていたため合宿など部活を継続していたら、投げられた拍子に左肩が動かなくなっていたため、これが原因でした。

痛み、脱臼が気になったので職場の整形外科医受診した際のやりとりは以下のような感じ。

しぶけん
しぶけん

最近、仕事中に左肩の痛みがあり、寝ていて脱臼しているようなのですが…

整形外科医
整形外科医

レントゲン撮ってみよう。

撮影後…

整形外科医
整形外科医

関節のルースニングが起きているけれども、レントゲン上の異常はみられないね。MRIとって関節内の問題を調べよう。

後日、MRI撮影をし、再受診。

整形外科医
整形外科医

前方関節唇が微妙に剥離しているのが確認できるね。整形外科的テストでも肩関節前方への不安定感もあるし、反復性肩関節脱臼しているね。

しぶけん
しぶけん

反復性肩関節脱臼になっていたんですね。治療手段は何が最善ですか?

整形外科医
整形外科医

寝てても脱臼しちゃうんでしょ?
そのままほっといても変形性肩関節症になるだけだから、若いうちに早めに手術したほうがいいね!

この事を当時の上司に相談。

職場の課長
職場の課長

さっさと手術して治せ!

という上司の一言で、左肩の手術が決まりました。
がしかし、一抹の不安が。

一人暮らしだけど生活できる?

片腕しか使えない大変さ

「なんとかするしかない。」そう思いながら、入職1年目の12月初旬に左肩関節の手術を行い、1週間後バストバンドで左腕を体幹に固定して退院。そこからは固定の期間おおよそ2ヶ月。

右腕だけの生活(しかも一人暮らし)は、どれをとっても大変。

  • 洗濯物を畳むにも両手が使えない。
  • 洋服を着るのも右手一つで着なきゃいけない。
  • 料理も包丁使って食材を切ることが難しく、皿洗いも困難。コンビニ弁当やスーパーのお惣菜が中心。
  • 職場へは復帰したものの、通常業務はできず、代わりに受け持ったPC事務業務を右手だけでキーボードをカタカタ。

その他もろもろ大変だったことがいろいろありました。本当に2ヶ月を長く感じました。それと同時に、

リハビリをすることで日常生活の動作指導をすることで、日常生活に必要な動作の制限を最小限にできる!

とリハビリテーションのあり方を実感。やり方、使い方、コツがわかれば楽になる作業があることを経験しました。

安静はあっという間に筋力低下を起こす

 手術後3ヶ月後、バストバンドでの固定が外れると同時に、固まった左肩の動きを取り戻すためのリハビリがスタートしました。筋肉が癒着してしまったところや関節拘縮を起こしてしまったところがあったり、痛みが強いところ、力の入らないところなども増え、バンザイ動作や頭を触るといった動作ができないことに驚いたことを今でも覚えています。

筋力低下に関する研究 

 Müllerさんという方が行ったギプス固定による研究によると,1日の安静で 1~4%の筋力低下が起こり,3~5 週間で約50%に低下するという報告があります。

 このことから安静にしていること・固定していることが如何に筋力低下を引き起こすかがわかるかと思います。

その状態からリハビリをほぼ毎日続け、1ヶ月でバンザイ動作ができるようになるまでに回復し、通常業務に少しずつ戻れるようになりました。毎日続けなければ筋力はなかなか戻らなかったでしょう。

このことを踏まえると、他の症状においても同じことが言えるのではないでしょうか。腰痛が起きた時に安静にする、膝関節痛が起きた時に安静にするということは、炎症が起きていなければ筋力低下をすすめ痛みを助長する原因を作るため逆効果になることが考えられます。

Harmoniaとして伝えたいこと

 怪我や事故などで骨折や靭帯損傷により手術を経験した方、おられるかと思います。実際、Harmoniaをご利用いただくお客様にも前十字靭帯手術されて10年経過された方や腰部脊柱管狭窄症手術後にリハビリが終了してしまったが歩けず苦労していた方などがご利用されております。

理学療法士として、そして手術経験当事者として一番、声を大にして言いたいことは

「手術をしたから完治するわけではない」

ということです。

一度メスを入れた身体は、自分で少しでも自己管理しないと筋力低下を起こし、関連する筋肉や関節が固くなったり、動かしにくくなるのが人間なのです。これは痛めた部分をかばうことが一つの原因と考えられています。私の場合は、左肩を内視鏡手術したため、肩周囲の筋肉が筋力低下しやすく、手術して十数年経った今も左肩の動きが落ちないよう、ストレッチや運動を継続しています。

どこかが痛くなると何かと安静にしてしまいがちですが、ある程度の期間が過ぎたらしっかりと動かしていかねばなりません。これは肩だけではなく、頸や手首、腰や膝、足首なども同様です。ですが、どうやって予防していったら良いか手術後のリハビリも経験してからしばらく経っている場合、思い出すのもなかなか難しいかと思います。

そんな時、Harmoniaがお役に立てると思います。手術後のリハビリを行う理学療法士が在籍する整体サロンだからこそ身体の使い方をお伝えすることができます。肩のぶり返した痛みに対しては、筋肉の痛みを改善した後、関節の動きを取り戻し、痛みがぶり返さないように筋力トレーニングを行います。膝関節であれば、痛みを取り除いた上でどういった膝の動きに注意したら良いか、どういったトレーニングで膝を安定させていったほうが良いかを一緒にトレーニングしていけます。一度終了してしまったリハビリのアフターフォローをしますので、ご相談ください。

悪化しないよう、日頃から自分の身体の異変を感じたら、動きの悪いところを元の状態へ整えることが必要です。
悪化してしまわないように、日頃から自分の体のメンテナンスをしていきたいですね!

まとめ

 代表の四分一健介が、繰り返しなにかしら肩に負担がかかると脱臼してしまう症状において反復性肩関節脱臼という手術を経験しリハビリを行ったこと、今も継続してトレーニングをしていること、Harmoniaとしてリハビリ終了してしまった方のアフターフォローができることをお伝えしました。

手術って不安だなと思うことも多いかと思います。保存療法で頑張りたい方の気持ち、手術したあとのリハビリを頑張らなければならない人の気持がよくわかります。肩の手術を経験している手術をするメリットもデメリットもお伝えできる貴重な人物かなとも思いますので、何かあればご相談ください。

また、保存療法で頑張りたい場合も関節の動きを維持したり、筋力トレーニングを行うことが可能ですのでご相談ください。

ご予約・ご相談は以下から
LINE公式アカウントからのご予約・相談はこちらをクリック
パソコンからのご予約はこちらをクリック
お電話でのご予約はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です